マイクロインプラント

患者の口腔状態の把握とインプラント埋め込み後の 状態変化を予測するためには、医師と患者のとコミュニケーション(交感)が重要であります。


下あごの前歯のように狭い歯間や、残存骨の幅が狭い場合、 一般インプラントの直径より薄く、材質が強いインプラントを埋め込み、 虫歯や歯周疾患など歯の状態が悪い患者に最適であります。
薄くて材質の強いインプラントが適しており、虫歯や歯周疾患など歯の状態が悪い方なら、一般のインプラントより、表面に特殊な処理をしたインプラント(骨癒合が早い)が適しております。


インプラントの施術過程

オックス歯科の顕微鏡インプラント


精密さが命であるインプラント手術において、顕微鏡の使用は最も重要であります。 歯は0.2mmより小さい歯垢や様々な物質で汚染されており、肉眼では見えにくいです。 特にインプラント治療では、補綴物(人工歯)を作る時、歯茎と補綴物カンの境界面が正確に合っているかしっかり確認することがとても重要です。


オックス歯科のオーダーメイド型インプラント

ReActive


2011年に米国でインプラントの販売実績NO.1
4年間韓国の臨床で証明された性能 HAとSBM、
2種類のコーティング方式を使用します。

HAとSBM、2種類のコーティング方式で、歯の骨の状態が悪いときや、抜歯後即時埋め立てる場合、 手術失敗後における再手術など、骨融合の促進が可能な製品であります。