歯周病は慢性疾患であることが多いため、定期検診と診療を行い、 歯科専門医の治療で予防できます。 歯周病は慢性疾患であることが多いですが、定期健診と診療を通じ、治療・予防することが十分に可能です。


ほとんどの歯周病は慢性疾患であることが多いため、正しい歯磨きの仕方と 予防療法(スケーリング)で十分に予防できます。しかし、歯の歪みがひどく、 先天的な理由で虫歯になりやすいなら、歯科で定期健診を受けたほうがよろしいです。


ペリオセーバー(歯周内科療法)の段階別治療ステップ

1.歯茎と歯茎の骨の精密検査

口腔内カメラ、レントゲン、場合によっては3D-CTで撮影後、歯周ポケットの深さをmm単位で精密に検診 (症状によっては来院当日にスケーリング(歯石取り)を実施)


2.ペリオセーバーの計画を樹立

精密診断データーを元にスケジュールと診療に対してコンセプトを樹立します。診療コンセプトは状態によって4種類(A,B,C,D)で分けられており、状況に応じて治療を行います。


3.ペリオセーバーの受診患者に管理方法を指導(TBI+歯周)

ペリオセーバーで最も重要なことは、バイ菌による炎症で破壊された歯周を再生するリハビリ治療で 治療を受ける患者の積極的な協力と参加が必要です。


4.ペリオセーバーの治療実施

  • 非手術型でSRP(ルートプレーニング)+レーザー施術

  • 手術型でSRP(ルートプレーニング)+レーザー施術+歯周組織再生誘導法

  • 手術型でSRP(ルートプレーニング)+レーザー施術+歯周組織再生誘導法+骨移植

  • B型とC型が繰り返して必要な場合

  • 5.定期的な管理を実施

    定期的な来院で再発防止治療と教育を実施、歯周疾患は十分な管理が必要です。定期健診と管理状態を 維持するとこで、健康な状態を保つことができます。


    SRP SRP(ルートプレーニング)とは?

    スケーリング(歯石取り)後、歯根付近の炎症、感染部分や細菌膜などを除去して、表面の不規則な面を キレイにする方法です。定期的にスケーリングを受けない場合、積極的な施術を要すことになります。


  • バイオフィルムとは?
  • 口腔疾患の原因となる細菌膜です。
    オックス歯科は歯科用レーザーと顕微鏡で原因となるばい菌を除去します。


    バイオフィルム(bio Film)とは、ばい菌が増殖して生じる膜で、より多くのばい菌を発生させ、 殺菌剤からばい菌を保護します。また、ネバネバした粘液を生成して歯または 口腔に粘りつくため取り除くのが大変です。バイオフィルムが大きくなると、ばい菌が増殖して他の場所にバイオフィルムを作ったり、血管を通じて他の疾患を引き起こします。


    歯科用レーザーと顕微鏡

    レーザーを利用してばい菌を完全に除去します。
    Picasso dental laserを使用します。


    口腔内のバイオフィルムは、手の届かない歯や歯茎の隙間に発生し、 物理的にも除去することが難しいため、レーザー治療が必要となります。レーザーは 手術道具が届かない場所まで効果的で完璧に殺菌を行います。 既存の道具と比べて痛みと出血が少ないため、患者にもやさしい施術です。


    顕微鏡を使った精密で几帳面な診療が可能です。
    OPMI Pico(カールツァイズ)を使用します。


    大学病院レベルの精密装置であるOPMI Picoはドイツの光学技術が生み出したカールツァイズ顕微鏡は 拡大された視野を通じて虫歯の確認と除去がより完璧になり、正確な補綴物の形成と施術が 可能となります。顕微鏡を通じた微細根管手術、細かい歯茎の手術など、正確な虫歯治療が可能です。 特に歯周再生治療時に細かい部分まで目を通すことができます。

    歯茎の治療方法

    スケーリング
    歯石をキレイに除去し、歯の表面を滑らかにすることで、口腔を清潔な状態に保ちます。


    口腔環境の変化や喫煙、悪習慣、無関心などにより歯が変色(着色)することがあり、 歯や歯茎に歯苔、歯石が沈着されることがあります。歯の表面についている歯石、ニコチンなどは 日常の歯磨きでは除去が難しいため、スケーリングでキレイに除去し、虫歯や歯周疾患を予防・治療します。

    歯周疾患を予防し、歯周病の初期治療としても、治療前にスケーリングを受けることは重要であります。 患者ごとに差があるため、6カ月~1年のサイクルで治療を受けることを推奨しており、隅々まで溜まった プラークと歯石を除去します。

  • スケーリングは歯の美容術ではなく、歯周疾患を予防する積極的な口腔治療です。

  • 歯ブラシが届かない部分は歯苔(プラーク)を取り除けません。

  • タバコのニコチンなどが原因で着色(または変色)した場合、スケーリング治療が必要です。

  • 歯苔(プラーク)は飲食後、酸のような副産物を生成して口臭を引き起こします。
  • カレント(curette)
    スケーリングより積極的な治療方法です。


    正しい歯磨きやスケーリングなどを利用した初期予防が失敗した場合、歯周病が進み歯石は歯根と 歯茎の間に入り込み、早い速度で歯周組織(歯茎、歯茎の骨)を破壊していきます。 このように状況が悪化した歯周病の場合、より積極的な治療が求められます。

    カレントとは歯茎のプチ手術をいい、歯茎の底まで広がった歯苔(プラーク)、歯石などを積極的に除去し、損傷した歯周組織の再生または回復させる治療です。健康な歯茎を保つには正しい歯磨き方法で、食後の歯磨きを丁寧に行い歯面に細菌膜が沈着しないようにすることです。

    フラップ
    歯茎を傾けて、歯と歯槽骨(歯を支えている骨)の周りに歯石と炎症などを除去します。


    症状が悪化して炎症がひどくなると、歯茎の中を目で確認した後、治療する部分があったり、 歯根の中の構造上の異常によって治療が必要な場合に施術を行います。または、歯茎の炎症が 深刻化して歯槽骨が溶けたり損傷した場合、人工骨などを移植する場合にも行います。 オックス歯科では歯科用の顕微鏡を使用して、歯石と炎症を完璧に除去します。 歯石と炎症の除去だけではなく、構造上の問題も治療が可能です。但し、治療が少し複雑で 縫合を行うため回復期間が必要です。