歯科治療のうち、最もよく使用される補綴物はゴールドであります。 しかし、ゴールドで治療して問題になるのは、ゴールドと歯の間に隙間ができて取れてしまうことです。 ゴールドの接着力が弱まったり、噛む力によって形が変形されることがあるため、歯とゴールドの間に隙間ができるわけです。また、ゴールドは不透明な素材であるため、2次的に虫歯ができているかどうか、確認することが難しいです。 しかし、セラミックはゴールドのような金属とは異なり、科学的にも歯と結合されるため、取れる可能性がほとんどなく、色も天然の歯に近いのでキレイです。


オックス歯科の非金属治療

 

セラミック補綴とは?


アマルガムの他、ゴールド、レジンのような補綴物があるが、現代科学が発展した後、最も理想的な補綴物として注目を受けているのはセラミックであります。 セラミックは、歯の色で製作されるので審美的にも優れており、上強度も強いです。どんな補綴物より接着力も強いため、補綴物が取れることがほとんどありません。 また、金属の補綴物とは違って透明なので、もし2次的に虫歯ができたとしてもすぐ確認できるので、虫歯を効果的に予防することができます。

 

    
強化セラミックで作る美しい歯

CERECで精密なセラミックの歯を作ります。


オックス歯科で使用するCERECは130年伝統のドイツ『SIRONA』社で開発した 歯科用CAD/CAM装置でセラミックの歯の補綴物を制作するシステムです。 Chairside Economical Restoration with Esthetic ceramicの略で 審美的セラミックの補綴治療が可能な最新システムです。 。


  • 25年間先進国で検証された診療

  • 診療から治療完了まで1日で

  • 仮歯をつけずにすぐに補綴物をセッティング

  • 金属アレルギーのない人体にやさしい製品

  • 白くて美しい笑顔

  • 割れずに長持ちします。