顕微鏡診療は根管治療(神経治療)の限界点を克服して精密で細かい診療が可能です。


ドイツの光学技術が生み出したカールツァイズ顕微鏡を利用すれば、 視野が拡大されるので、虫歯を正確に確認でき、完璧に除去することができます。また、より正確な補綴物の形成と施術が可能になります。


拡大された視野

拡大された視野で治療を行うと虫歯を正確に確認でき、完璧に除去することができる上、補綴物をより正確に作ることができます。


顕微鏡診療のメリット

完璧な虫歯の除去


肉眼では見えない虫歯を、歯に負担を与えることなく完璧に治療することができます。 歯質を保存しながら、歯の寿命を延長させることができるわけです。


正確な補綴治療


顕微鏡を利用したラミネート・セラミック補綴治療は、歯茎状態の正確な診断と治療ができるので、 補綴物の寿命を延長することができるため経済的であります。


安心できる神経治療


歯の神経をより正確に除去できるため、痛みが少ないです。 また、根幹の炎症を正確に除去できるので、治療後に再発することがほとんどありません。 もし再発すると抜歯の可能性もあるため、顕微鏡を利用した補綴治療を受けますと、再発による治療(補綴またはインプラント)の費用を節約することができます。また治療後、歯の状態がどうなるか予測することができます。


インプラント治療


歯科医師が患者の口内を肉眼で確認できるのは0.2mmまでです。 インプラント治療は、特に精密な作業を必要とします。 オックス歯科ではインプラント治療を行う時、顕微鏡を利用するため歯の異常有無をより正確に診断でき、歯周病や歯茎移植術も安心して治療を受けることができます。